月別アーカイブ: 8月 2011

訪問入浴車 気仙沼へ

  ☆ハルス本社を出発                                                                     この度、被災した気仙沼市で介護事業を営んでる「株式会社ハック」様に「移動入浴車1台、軽自動車1台」を贈呈させて頂く為、佐藤、河柳の2名は7/23 午前9時にハルス本社を出発。陸路(愛知・岐阜・長野・群馬・栃木・福島・宮城・岩手)約800kを走り、12時間の午後9時に一関市(岩手)に到着。7/24 翌日9時に気仙沼に無事に到着しました。   ☆入浴車を贈ることになった経緯                                                             「株式会社ハック」様に「移動入浴車」を贈呈するきっかけは、ある方のご紹介により、愛知県尾張旭市で移動訪問入浴を開業している「合同会社なみとかぜ」の宮本社長が5月下旬に当社を訪ねてきました。                                                            宮本社長は社員の方と共に、被災地のボランティアとして訪問入浴の活動を7~8行っている熱意と行動力のある方でした。この時、宮本社長から気仙沼市で「株式会社ハック」様がこの震災で移動入浴車など多くの車が津波で失ったため、移動入浴車を贈る方法がないかご相談を受けました。                                                                            私も 近々リース満了となる移動入浴車を1台、被災地の方に贈呈することを計画していましたので、宮本社長のご相談に、これも何かのご縁と思い、その場で快諾させて頂きました。                                                                                             ☆現地の状況                                                                         市内のガレキはかなり片づいている様でしたが、復旧の様子は見られません。                                           「株式会社ハック 黒澤社長 談」 (地盤沈下が大きく、満潮時は海水が入り込む為、地面を2m嵩上げする計画です。それだけでも最低3~5年はかかるのではないか)との事でした。                                                                       震災時の様子やその後の経過や状況など お話を聞いて、大変なご苦労が伺えました。                                                     その中でも、家が残ったため、救援物資の恩恵受けにくい方がいることや、この震災で介護度が重くなったり、介護が受けにくい状況を何とかしたいとの思いを黒澤社長が語っていたのが印象に残りました。    ☆移動入浴車の使い方を説明                                                                       ご挨拶とお話を伺ったあと、入浴車の使い方を約1時間ほど説明。                                                 看護師さんが熱心に対応して頂きました。使い勝手の良し悪しをあると思いますが、少しでもお役に立てればと願っております。                             また安全な消毒剤「プリュテック」7,500ℓ(100ppm)も贈呈し、使い方や用途のご説明もさせて頂きました。                                                  (宮本社長からこのプロジェクト基金より、下記の通りご提供頂きました。深く御礼申し上げます。)                                                        ○交通費として 91,000円                                                                               ○ボディーソープ・シャンプー 各1箱                                                                       ○バスタブシート 1枚                                                                                  ○タオル 1式               ☆気仙沼の鰹は最高                                                                    黒澤社長様は家も失い(ご家族はご無事とのこと)被災者として大変な時期にも関わらず、お昼の食事をご馳走して下さいました。恐縮です。                                                                             鰹のたたき・さしみ・海鮮丼を皆さんで頂きました。                                                           気仙沼の鰹はとても美味です。皆さんも是非食べてみて下さい。                                                    実はこのお店、黒澤社長のお兄さんがいち早く被害から立ち上がり再開したお話を聞き感激致しました。改めて、個々の積み重ねの大切さを知らされました。                                                                          ☆帰路                                                                                         7/24 13時過ぎに気仙沼を出発しました。                                                                お忙しい中、黒澤社長みずから、一関まで車で送って頂きました。                                                        車中の1時間も色々なお話ができました。誠にありがとうございます。                                                   14時31分 新幹線に乗り、19時30分頃 会社に到着。                                                        この様な機会を頂きまして、誠にありがとうございます。                                                        またご協力頂いた皆様に深く感謝申し上げます。       株式会社 ハルス                                                                              代表取締役 佐藤 徹